●安全事業部
安全潜水管理者フィッシング海上安全指導員ボードセーリング海上安全指導員サーフィン海上安全指導員
優良ダイビングサービス提供者
 
安全潜水管理者
経営又は勤務するダイビングショップ、ダイビングスクール等において、その活動の態様に応じ適切な安全管理対策を講じ、レジャー・ダイビングの安全確保を図るとともに、その普及、発展に寄与する安全潜水管理者の養成及び認定を行っています。
1. 受講資格
(1) 年令が25才以上であること。
(2) インストラクターとして2年以上又はガイドダイバーとして3年以上の業務経験を有する者。
(3) 過去5年以内に、事故の関与した重大な潜水事故又は潜水に関する法令違反がない者。
(4) スキューバダイビング安全対策協議会又は潜水指導団体の推薦がある者。
(5) 当協会ダイビング専門委員会が、安全潜水管理者として適切な人格、見識を有すると認めた者。
※なお、この要件のいずれかに該当しない者で、しかも、受講を熱望される方は当協会安全事業部にご相談下さい。
2. 講習内容
(一般科目) 海洋レジャーの現状と動向、気象学、海事・潜水関係法令、海事一般
(専門科目) 安全潜水管理者の心得等、潜水医学、潜水管理論、潜水事故の実態と対策、潜水救助論
(その他)  日本赤十字社主催による救急法短期講習を行う。
3. 費用
講習料 40,000円
認定登録料 10,000円
  事業内容のページへ戻る

フィッシング海上安全指導員
楽しみを求めるフィッシングなのに、事故が一度発生すると悲惨な状況となります。その様なフィッシング中の事故を少しでもなくし、快適なフィッシングを楽しむために一般の釣り人や自分自身の安全を確保するための知識を習得したフィッシング海上安全指導員の養成及び認定を行っております。
1. 受講資格
(1) 海洋レジャーとしての釣りについて、相当の知識、経験をもっていること。
(2) 過去5年以内に、自分の責任による釣りに関する重大な事故又は漁業関係法令違反がないこと。
(3) 自分の所属する釣り団体の推薦があること。
※なお、この要件のいずれかに該当しない者で、しかも、受講を熱望される方は当協会安全事業部にご相談下さい。
2. 講習内容
(1) 海上安全指導員の業務内容
(2) 事故の実態と対策
(3) 安全指導上の留意事項
(4) 日本沿岸の海象・気象
※上記の他日本赤十字社主催による救急法短期講習を行う。
3. 費用
講習料及び登録料 10,000円
  事業内容のページへ戻る

ボードセーリング海上安全指導員
ボードセーリング愛好者は年々増加、これに伴い技術の未熟によるもの、気象・海象の判断ミスによる事故が多発しております。こうした事故をなくすため、ボードセーリングの安全確保を図り、その普及、発展に寄与するボードセーリング海上安全指導員の養成及び認定を行っております。
1. 受講資格
次のいずれかの要件を満たす者は、この講習を受講することができます。
(1) ボードセーリングの団体が公認しているインストラクター資格取得者で3年以上の指導経験を有する者であって、当該団体から推薦を受けた者。
(2) 団体役員及び公認フリートキャプテンで、団体から推薦を受けた者。
(3) その他当協会が適当と認めた者。
2. 講習内容
(1) ボードセーリング海上安全指導員の業務内容
(2) ボードセーリング事故の実態と対策
(3) 日本沿岸の海象・気象
※上記の他日本赤十字社主催による救急法短期講習を行う。
3. 費用
受講料 2,000円
認定登録料 3,000円
  事業内容のページへ戻る

サーフィン海上安全指導員
サーフィン愛好者は年々増加、これに伴い技術の未熟によるもの、気象・海象の判断ミスによる事故が多発しております。こうした事故をなくすため、サーフィンの安全確保を図り、その普及、発展に寄与するサーフィン海上安全指導員の養成及び認定を行っております。
1. 受講資格
次のいずれかの要件を満たす者は、この講習を受講することができます。
(1) JPSAまたはNSAの公認指導員である者。
(2) サーフィンの活動経験が3年を越える者。
(3) その他当協会が適当と認めた者。
2. 講習内容
(1) サーフィン海上安全指導員の業務内容
(2) サーフィン事故の実態と対策
(3) 日本沿岸の海象・気象
※上記の他日本赤十字社主催による救急法短期講習を行う。
3. 費用
受講料 2,000円
認定登録料 3,000円
  事業内容のページへ戻る

優良ダイビングサービス提供者
ダイビングショップ等は、一般ダイバーに対して潜水器材の貸出し、スクール、ファンダイビング、体験ダイビング等のサービスを提供しているが、全てのショップが十分な安全潜水管理対策を講じているとはいえない状況である。このため貸出しを行う潜水器材の保守・管理及び潜水中の事故防止対策等の安全潜水管理対策を講じているダイビングショップ等を推奨することにより、一般ダイバーの安全を確保、快適な海洋レジャーの推進を図ることを目的とする。
1. 推奨申請資格者
一般ダイバーに対して情報の提供及び潜水器材の貸出し、スクール、ファンダイビング、体験ダイビング等の優良なサービスを提供している者で財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会が認定した安全潜水管理者を配置している者。
2. 費用
審査手数料 20,000円
登録料 30,000円
  事業内容のページへ戻る

安全潜水管理者、各指導員、優良ダイビングサービス提供者のご不明な点については安全事業部までご連絡下さい。