潜水事故の発生状況
●資料・潜水事故
平成20年 潜水事故の発生状況
このページの資料は当協会で発行している
「平成20年 潜水事故の分析」(冊子)から抜粋したものです。
本冊子は当協会でご購入できます。
お問合せは、安全事業部/TEL 045-228-3066

事故の発生状況

1 事故者数の推移

平成20年の事故者数は51人で、最近10年間では3番目に多い。このうち、死者・行方不明者数は18人で、最近10年間では3番目に多い。

注:死者・行方不明者は、事故者の再掲である。
事故者数の推移

2 事故形態別の発生状況

事故の形態については、事故者51人のうち、溺水が25人(49%)と最も多く、次いで漂流が12人(24%)となっている。 このうち、死者・行方不明者は、溺水が12人と全体の67 %を占めている。

また、最近5年間でも溺水が最も多く、全体の半数近くを占めている。
事故形態別の発生状況
事故形態別の発生状況